栃木県の旧氏家町で毎年行われている「氏家雛めぐり」に行ってきた。
城下町でもあった氏家には旧家もありそれぞれの家で昔から伝えられてき
たお雛様には、いろいろなものがあって楽しめた。
そんな中からのいくつかをここに展示してみた。お楽しみください。

 
 2008・3・3 UP


   
表情豊かな楽士たち?




 
現代のお雛様 いかにも漫画チックで面白い。



 
面長な顔立ちが時代を感じさせる







 
小さな部屋に合わせたようにまとまっている






 
このふくよかな顔立ちは好感が持てる。







雌雛の冠がいかにも豪華。







やはり御殿飾りは豪華さが違う。







 
これは色調に落ち着きがある。






 
これは一般的な段飾り?
 





 
木目込み人形となると手が込んでくる。






 
展示していた商店の方の話では、仕上げるまでに1年かかっという。これも木目込み。






 
趣味で手作りしたという。







 
部屋に飾ったらさぞ立派に見えるだろう。







 
御殿まりをひな人形に仕立ててある。







 
これも御殿まり雛。





ホームページトップへ
旅の写真topへ